ホームせとうち日和 › 小豆島とオリーブ

せとうち日和

小豆島とオリーブ

2013年12月 6日

It was mid-November and the weather was still nice to go and visit Shodoshima -
the „Olive Island“ in the Seto Inland Sea.Shodoshima was the first area in Japan
succeeding in growing olives and so there are olive trees all over the island.

Pic1.jpg

After 1 hour by ferry, we reached the island and first had to find where the bus station is.
Thanks to the nice lady at the ticket counter, we were packed with a couple of maps of
Shodoshima and also a lot of tips where to go.

Since we had enough time on the ferry, we already had found a nice restaurant for our
lunch - thanks to tabelog!

Pic2.jpg

After lunch we headed to the Olive Garden, a small park with full of olive trees and a nice souvenir
shop with a variety of things made using olives - cookies, soap, pasta, of course olive oil, etc.

What to do after seeing the Olive Garden?

We went to visit Yamaroku, an old traditional soy sauce manufacturer. Nowadays most of the big
soy sauce companies use steel tanks and produce soy sauce in a very short time. But Yamaroku
still uses the more than 100 years old wooden barrels and lets the soy beans and the bacteria do
their job for more than 2 years.

Pic3.jpg

Pic4.jpg

After the tour we were offered ice-cream with soy sauce - a bit unusual but interesting taste.

It was getting late and we had to catch the last ferry to Takamatsu. On our way back to the ferry,
we met an elderly lady who was picking olives. That made us curious and we asked her how
she pickles the olives.

By the way, fresh picked olives are very bitter and not really tasty to eat. She enjoyed our curiosity
and explained everything very detailed.

As we thanked her, she asked if we want to take some olives with us to try at home….
Of course we said YES!!!

Result was, that we brought back about 2 kg of fresh olives.
Well, to pickle the olives you need a lot of time and a huge amount of patience!!!

Our olives are now in brine since 3 weeks, but still not ready to eat. 
I’m wondering if they will be ready to eat before I have to leave Japan…

Pic5.jpg

Vacheh Shirvanian

和訳:

11月中旬で天候がいい時に小豆島に行ってきました。瀬戸内海に浮かぶオリーブの島へ!
小豆島は、日本で初めてオリーブを育てるのに成功した場所だそうですよ。

高松港からフェリーで1時間程行くと小豆島に到着。小豆島に着いてすぐしたのは、バス停探し。
バス停を見つけ、チケット売り場に行くと、小豆島のマップや小豆島のお店紹介のパンフをたくさん
いただくことができました。そして、どこに何があるのか情報を得ることができました。
そして、食べログで見つけたレストランへ!

ランチを終えて行ったのはオリーブ公園。たくさんのオリーブの木とオリーブを使ったお土産が
ありました。オリーブを使ったクッキーやせっけん、パスタ、オリーブオイル等々。

さあて、オリーブ公園の後はどうしよう?

僕たちは伝統的な製法でお醤油を作っているヤマロク醤油に生きました。最近ではほとんどの
お醤油は鉄でできたタンクを使い、短い期間で醤油を作っている中、ヤマロク醤油では、木で
できた樽を100年以上に渡って使い、酵母菌や乳酸菌などの菌を使って醤油を作っていました。

ヤマロク醤油の中を見せていただくツアーの後は醤油を使ったアイスクリームをいただきました。
なかなか無い興味深い味でした。

フェリーの時間が近づいてきたので、高松行きのフェリー乗り場に行くことに。
その帰り道におばあさんがオリーブを摘んでいるのを見かけました。
そこで、おばあさんにどうやってオリーブピクルスを作るのか聞いてみました!
ところで、生のオリーブはすごく苦くて食べても美味しくないですよ・・。
そのおばあさんはオリーブのピクルスの作り方を詳細に渡って教えてくれました。お礼を言って
帰ろうとすると、おばさんは「オリーブを持って帰ってピクルスを作ってみる?」と優しいお声掛けを!
もちろん「はい!」と答え、持って帰ったのはなんと2キロものオリーブ!

そしてオリーブを漬けてみて分かったこと・・。それは、オリーブ漬けにはかなりの時間と忍耐力が
必要ということ。オリーブを漬けて3週間経つけど、まだ食べられない状態・・。

僕が日本を去る前に食べられるのだろうか・・・(笑)。

バーチェ・シルバニアン

コメントする

コメント