ホーム › たねまき日記~明日の花を咲かせるために~

たねまき日記~明日の花を咲かせるために~

『みんなで晩ご飯』に行って来ました!

2016年10月 2日

9月30日(金)午後6時半からカフェスタイルハヅキさんで開かれた『みんなで晩御飯』に参加して来ました!
インターンシップ中の香川大学の学生さん3人も一緒に♪


P1010701.JPG

こんな大勢の人達と一緒の晩御飯は息子にとって初めての経験happy01
いつもの夕食はと言うと、私が運転する車の中でお弁当を一人で食べてます・・・。
というのも、保育園に迎えに行くのが夕方の6時半前weep
家まで車で30分以上かかるので、お弁当を用意しておかないと家に着くまで大泣き・・。
なので、いつも息子用のお弁当を準備しているのです。
2人で外食する時もあるけれど、走り回ったり、泣いたりすることもあるので、できるだけお弁当にcoldsweats02

いつもと違って、たくさんの人達に囲まれ、同い年の友達が2人もいるし、しかも、美人ママさん達も!
ご飯を食べ終わったら、本領発揮!ママさん達に近づいたり、興奮してジャンプしまくってましたcoldsweats01

そして、家に帰る車の中では、「また行く!」「また行く!」と何度も繰り返してました。
息子が喜ぶ様子を見るのは、母親として、すごくすごく幸せ♪そう感じた1日でした。
やっぱり、食事は大勢で食べた方がよりいっそう美味しい!とも改めて思いました。


P1010741.JPG

おまけ:家に帰っても、興奮冷めやらず、ぴょんぴょん跳ねまわる息子を寝かしつけるのが大変でしたが(笑)。

 

ママのためのトーク&ランチに行ってきました★

2016年9月11日

おはようございますsun
久しぶりのブログアップですcoldsweats01

気付いたらもう2年・・・。息子が産まれてから『カフェ』には縁遠くなっていました。あんなにカフェが好きだったのにweep

 

一人でゆったり本を読みながらお茶したり、女友達とおしゃべりしながらランチしたり、カフェは私にとって憩の場shineだけど、小さい子を連れていると0歳児の時は「泣かれたらどうしよう・・」1歳を過ぎたら「走り回るしうるさいから迷惑がかかる・・」と思い、ほとんど行けなくなりましたcrying

 

そんな中、昨日、カフェスタイルハズキさんで『ママのためのトーク&ランチ』があったので、これはチャンスと思い行ってきました!同じ境遇のママ達に会える!話せる!と思って(笑)。

ただ、本当は一人で行きたかったのですが、夫が熱を出したので、2歳になった息子を連れて・・。息子からも開放されて思う存分しゃべり&食べたかったのに、こんなタイミングで体調を崩す夫に「うぅぅぅ」と思いながらshock

参加者は、私も含めて6名。7か月、1歳、2歳、4歳の子ども達も参加してました♪息子は、最初だけちょっと緊張気味でしたが、美人ママさん達がいてうれしそうなのが表情に出てる!

ママトーク&ランチ.jpg

さて、肝心のトークですが、息子があちこちと歩き回るので、なかなか参加できない・・。でも、息子を追いかけたり、抱っこしたりしながら、参加したママさんの話を聞いたり、子ども達と触れ合ったりして、楽しかったhappy01

ランチも日頃の私の手作り料理よりも断然美味しいので、息子は喜んで食べるしnotesまた、4歳のお兄ちゃんが一緒に遊んでくれて、帰りの車の中で、「また行く!」「また行く!」と言ってたので、息子もよっぽど楽しかったんだろうなあ。

 

こういうランチ会、また行きたいな~って思いましたhappy02

 

おまけ:2階の会場から下を見ると、こんな素敵なスペースが広がってました♪日頃、自宅と会社とスーパーしか行けていない私にとって、こんな空間にいること自体が癒しでしたlovely

cafe hazuki.jpg

だれかが働いてくれているからこそ・・。

2015年9月17日

おはようございますrain
今日は雨ですが、仕事をしていてうれしいことが続いたので、気持ちはお天気sun
特に、最近あった、うれしくもあり、また、考えさせられたことをご紹介すると・・・。

それは、鶏卵の集荷・配送事業をしているある企業さんのこと。

egg.jpg

その企業の求人に関わらせていただくことになったのですが、なんと、仕事の時間帯
が夜中限定(夜から朝にかけての仕事)とのこと・・・。産卵の時間帯が夜中なので、
新鮮な卵を届けようと思うと夜中に集荷してスーパー等に運ぶ必要があるとのこと
でした。

夜中の仕事なので、人出不足なのになかなか人が採用できず、このままでは事業を
継続していくのが難しいかも・・・という話を聞き、衝撃を受けましたcoldsweats02

スーパーで何の気なしに買っている卵・・・。
かつては1パック10円とか安い時代があったので、200円以上もすると高いなあ~って
ついつい思ってしまってました。

でも・・・。
鶏卵が私達の手に届くには、夜中に山の中にある鶏舎にトラックを走らせて集荷し、
スーパーに配送してくれている縁の下の力持ちさんがいてくれるからこそなんだという
ことに今更ながらに気づかされたのです。

そんな人達の存在に気づかず、古くなったら捨ててしまったりしてた・・・と大きく反省think

そして、求人を出しても、こんなにしんどい仕事をしてくれる人は存在するのだろうか
という不安も・・・coldsweats02

でも、話を聞いていくうちに、稼働時間は限られているので仮眠を取る時間があるし、
仕事に慣れて要領よく仕事ができるようになれば、休憩時間も増え、無理の無いよう
に働けるということも分かり、そういった部分を求人原稿に盛り込んでいくことに。

そして、求人広告を出した所、5名の応募があり、1人採用することになったそうです!
採用が決まった人は20代の男性。鶏舎で働いていたそうなのですが、転職を考えていた
らしく、うちの求人ウェブサイト「しごとマルシェ」を見て応募したのだそう。

卵を扱う仕事をしていたので、卵の扱いには慣れているし、若いので体力もあるし、採用
ということになったのだそうですconfident

今回のことで、いろんな企業・人の仕事のお蔭で世の中の仕組みはまわっているという
ことを再認識しました。また、人の採用に至ったことで、「この業種は働き手がなかなか
いないので継続するのは難しいかも・・。」と諦めつつあった企業さんの自信回復にも繋
がったのでは・・と感じましたshine

自分が気づかない所で、だれかが働いてくれているからこそ、自分の生活はなりたっている
んだということを忘れずに生きたいって思いましたpunch

 

赤ちゃんのアレルギーと母親との関係

2015年5月27日

みなさん、こんにちはsun
暑い日が続いていますね・・・。
暑くなってくると汗をかくので、息子の乾燥肌もましになって
くれるかな~と思いきや、またぶつぶつがcoldsweats02

息子のアレルゲンである牛乳・卵・小麦・大豆・ピーナッツ・
そば全てを除去しているのに・・・(涙)。

なので、「昨日食べさせたツナにもアレルギーがあるのかな?」と
考えたり、「さつまいもやジャガイモにアレルギー反応を起こす
赤ちゃんがいるらしいし、うちの子も??」って思ったりweep

ぶつぶつができてかゆそうにしている息子を前に途方にくれる始末bearing

そんなある日、息子が風邪を引いて病院に行き、薬をもらいに薬局
に行くと、薬剤師さんからこんな一言を言われました。

「お母さんは甘い物をよく食べていませんか?」と。

ぎくっshock
私ってそんなに肥えてる????って内心思いながら、

「見て分かるんですか??」と苦笑いしながら答えると、
「赤ちゃんの発疹は、お母さんが甘い物を控えたら良く
なるかもしれませんよ。」とのこと!!!

薬剤師さんによると、母乳をあげている時に甘いものを
食べ過ぎると、母乳を通して糖分が赤ちゃんの体内に入り、
その糖分が赤ちゃんの身体を冷やし発疹を起こさせている
とのこと。

なので、砂糖は極力控えて、料理に甘みを加えたい時には
米と米麹だけで作っている甘酒がいいですよと言われました。

甘いものを食べ過ぎていることが、まさか息子の湿疹の原因
になってるなんて思ってもみなかったので、青天の霹靂でした・・。

しかも、別の日にアレルギー食品専門店に行くと、なんと、また
「お母さん、甘いものを食べ過ぎてますね!」と言われたんですcoldsweats02

さらに、「お母さんが妊娠中に栄養分を摂りすぎちゃっていて、
摂り過ぎたものに対してアレルギーが出てるんですよ!」とも。

振り返ってみると、妊娠中の時から、定期的に甘い物を食べていて
育児休暇中は、スイーツ作りにはまっていたし、糖分の摂取量は半端
なかったかも・・・。

そんな私の食生活が息子を苦しめていただなんてshock
反省・・・。
心から反省・・・。

そして、母親と子どもは本当に密接に関わっているだなあってつくづく
思いました。お腹の中にいる時にはへその緒で繋がっていて、産まれて
からも母乳育児をしていたら母乳を通して繋がっているし。

自分が体に摂るものが子どもの身体に反映されるということを知っていた
ら、食生活をもっともっと気を付けたかも・・と反省。

今回ばかりは、甘い物を極力減らそうと決心したのでしたcoldsweats01
き、き、極力ですが・・・(汗)。

おまけ:おぜんざいだったら小豆をメインに使ってるから大丈夫かな~
って思ったり・・・coldsweats01

IMG_4164.JPGのサムネイル画像

 

モンスターベビーとの格闘

2015年5月20日

おはようございますsun
日々、暑くなっていますね・・・。
暑さに比例するかのように、我が息子のパワーも日々アップしていますcoldsweats01
パワフルすぎて、「勘弁してくれ~!」と叫びたくなることも多々・・・。
ほんと、モンスターベビーと呼びたくなることも(汗)。

というのも、9か月過ぎた今も、夜中に数回起きるので、もう9か月に渡って
ずっと睡眠不足weep「まとめて6時間眠ってみたい!!!一日でもいいから~」
と叫びたくなります。仕事を終えた後の毎日を言葉で実況中継するとこんな
感じですcrying

17時:
仕事を終え、保育園に迎えに行くと、全身でうれしさを表してくれる息子。
ママが恋しかったんだな!かわいいな~と思いながら抱っこしてチャイルド
シードに。

でも、車に乗せて走り始めると、泣きそうな声を出し始める息子・・・。
しかも、その声は、時間が経つ毎に大きくなり、家にたどり着くまでの約30
分間、ずっと・・。息子の鳴き声をバックコーラスに家路を急ぎますcoldsweats01

18時:
着替えもせず、すぐに授乳。
着替えようとするものなら、泣き声はさらにパワーアップするので(汗)。

18時半:
運よく眠ってくれたら、その間に洗濯をしたり、離乳食を作ったり、朝洗えな
かった食器を洗ったり、明日の息子の服やおむつ等の準備をしたり、大急ぎで
家事に集中。

19時半:
離乳食を食べさせたり、お風呂に入れたり、息子と遊んだり・・・。

20時半:
寝かしつけ

これで一日が終了!ふ~。

・・・と思ったら大間違いcrying
ここからが闘いです。

それから旦那さんの食事を作ったり、ご飯を食べたり、アイロンをかけたり
離乳食を作ったり(食物アレルギーで給食の多くが食べれないので・・・。)。
11時すぎに家事が終わったかな~と思うころに、寝室から泣き声が。。。
そして、また授乳・・・。

1度だけでなく、朝までの間に数回起きるので、その都度母乳をあげて寝て
くれたら御の字confident最近は、2時頃から部屋中ハイハイしては目につくものを
倒したり、噛んだりするので大変・・・。

眠くなるまで抱っこしたり、ミルクもあげてみたり、いろいろ試している
うちに4時頃になり、眠くなって寝てくれるという日々・・・。

育児は大変だとは聞いてたけど、確かに体力使うし、睡眠時間もなかなか
とれないし、慢性疲労に陥りそうweep

その代わり、保育園ではしっかりお昼寝をしているらしく、保育園での生活
はかなり慣れてきましたよ~って先生がうれしそうに報告してくれました。

夜中にあれだけ起きてたら、そりゃ~昼寝するだろと思いながら、こんなに
寝不足が続いていても倒れないように頑丈に産んでくれた親に感謝ですcoldsweats01

おまけ:ストレス発散のために、海に向かって叫びたい(笑)。
osanpo 2.JPG