ホーム未来に繋がる香川へ › 2013年1月

未来に繋がる香川へ

2013年1月

エーアールシステム株式会社 代表取締役 長町 和俊さん

2013年1月16日

『易しいものを易しく、易しいものを深く、深いものを面白く伝えたい。』

Profile 56
今回、お話をお伺いしたのは・・・・エーアールシステム株式会社 代表取締役 長町 和俊さん

ソーシャルメディアの台頭で、積極的に情報発信ができるようになった昨今。また、ユーストリームやユーチューブなどで目と耳に訴えられる動画も個人で発信できる時代に。そんな今の社会ニーズに合ったサービスを提供しているのがエーアールシステム株式会社。代表の長町さんに話を伺った。

長松さん.JPG

Q:どのような事業を手がけられているのですか?
 
- Webコンサルティングやデジタルドキュメント企画・制作、ホームページの企画・制作・運営代行、Webアプリケーション開発・システム開発などを行っています。

Q:長町社長は自ら起業されたとお伺いしていますが、それまでの経緯について教えていただけますか?
 
- 大学時代にさかのぼると、実は、就職活動をしなければいけない時期になっても、やりたいことが見つかっていませんでした。どんな仕事が自分に合っているのか悩んでいた時、親が地元の飲食業界の会社説明会があると教えてくれたんです。その説明会に参加して、社長から会社の未来や理念について話を伺ったら、「この会社で働きたい!」と思ったんですよ。社長の話に共感できる部分が大きかったのです。そして、採用していただけることになり、レストランで働くことになりました。ただ、高級レストランの支配人を任され、すごく忙しい日々が続いて、心身共に疲弊してしまったんです。そして、辞めることに。

退職後は、妻の実家がビデオ制作の会社をしていたので、HPやビデオ作りを手伝うようになりました。そこで3年程学び、インターネットを通じてモノの魅力を伝える仕事に関心を持ち始めたのです。私は、飲食店で働いていた時にワインのソムリエ資格を取ったこともあり、お酒に関心があったので、「全国の蔵元の日本酒を買えるような通販の仕組みを作りたい」と思い、独立することに。偶然にも、楽天がマルチメディア大賞を取った年でした。

Q:実際に起業してどうでしたか?
 
- 全国の蔵元を訪ねて、こだわりの日本酒を発掘しながら、通販での販売を促して廻りました。日本酒の蔵元が日本酒を売るための新しい取組みということで、ワールドビジネスサテライトに取り上げられ、放映されました!でも、当初は、なかなか事業を軌道に乗せるのが難しかったですね。

もう資金が底を尽きかけてしまう・・・といった時に、手伝って欲しいと声をかけてもらった時はうれしかったですね。そのシゴトは、商品説明のCDを作る仕事だったのですが、そこからうまく事業が廻り始めるようになりました。そして、e‐ラーニングやフラッシュを使った制作、ウェブサイトなどを作るようになりました。

Q:今後は、どのような事業をしていきたいと考えていますか?
 
- 井上ひさしの言葉に『易しいものを易しく、易しいものを深く、深いものを面白く伝える。』という言葉があります。私は、動画を使って文字だけでは言い表せられない部分を分かりやすく伝えていきたいと思っています。動画は人の記憶に残りやすいというメリットがありますからね。

どんな魂・思いをこめて製品を作ったのか、そのストーリーを伝えるということを深めるお手伝いしていきたいと思っています。経営者が伝えたいことを自らの言葉で伝えることができれば、ユーザーの心にも響くと思うのです。そして、映像の魅力を伝えていきたいですね。

DSC_0016.JPG

Q:どのような会社を目指していますか?
- 幸せというものを追求していきたいですね。
企業理念は、「ITを通して豊かな未来の創造」としています。
我社が関係する全ての人達が幸せになるような会社であるべきだと思っています。
そして、仕事を通じて人間的成長を実感できるような企業にしていきたいと思っています。

Q:長町社長にとって仕事とは何ですか?
- 人間的成長の機会を与えてくれる貴重なものだと思っています。精神修行の場とも言えますね(笑)。
また、好きなことを仕事にしたいという思いは強くあります。
楽しいと実感できることを仕事として取り組んでいけたら幸せですね。

******************************
長町 和俊 さん
Profile
香川県引田出身。
1964年9月5日生まれ。桃山学院大学経済学部卒。
大学卒業後、香川に戻り、飲食業界で活躍後、1999年に当社を設立。

エーアールシステム株式会社
住所:香川県高松市常磐町2-4-2大熊ビル202
TEL:087-800-0790 FAX: 087-800-0958
URL:http://www.arsystem.net/
******************************

しごと探しはしごとマルシェで♪
http://www.vivical.jp/vivical/e-kyujintimes/topMain/index

香川オリーブガイナーズ球団 プロ野球選手 桜井 広大さん

2013年1月14日

『道にはいろんな道がある。やりきることが大事だ。』

Profile 55
今回お話をお伺いしたのは・・・・香川オリーブガイナーズ球団 プロ野球選手 桜井 広大さん

NPB選手を目指そうとする若者が夢を実現できるチャレンジの場である香川オリーブガイナーズ球団。
今年の春に同球団に入団し、新たな舞台で再度NPBに復帰することを目指して野球に取り組む桜井選手。
入団して半年が経つ桜井に野球のこと、将来のことについて話を伺った。

sakurai senshu.jpg

Q:香川オリーブガイナーズに入団しての感想は?
- 入団した時には香川オリーブガイナーズについて何も分からない状態でした。「NPBに復帰したい!」という一心で香川に来たんです。ここでは、グランド整備や、試合前や試合後の準備・整理などに選手も全員関わっているんですよ。香川に来るまでは野球に集中して取り組んでいたのですが、試合に付随するいろんなことに携わるようになって大事なことに気づかされました。それは、「ファンの人達がいるからこそ野球ができるんだ」ということです。スクールガードや清掃活動などもしているのですが、地元の人達から「頑張って下さい!」という言葉が自分にとって大きな支えとなっています。

Q:野球の魅力とは?
- 野球は奥が深いですよ。打つか打たないかの駆け引きもあるし、打つためには読みも必要となります。また、可能性に挑戦することが楽しいですね。打てても3割と言われていますからね。10打数10安打打つのは不可能なんですよ。そうなると、一本でも多く打ちたいという気持ちになります。可能性は無限ですからね。

また、野球はチームプレーが魅力だと思います。チームに優れた選手がいても、それだけでは勝てません。でも、自分がエラーしても誰かがカバーしてくれることも。自分だけで戦っているのではないというのがいいですね。チームのメンバーで心と気持ちを通わせて、互いに力を出し合って勝利を目指すところが魅力ですね。

Q:日々の練習に対する考え方は?
- 体がしんどい時も、体調が優れない時も、どんな時でも気持ちをしっかり持つことが大事だと思います。朝起きて、顔を洗う時には「やるぞ!」っていう気持ちでいきます。暑くなれば体はしんどくなります。でも、睡眠をしっかり取り、ストレッチをしたり、食事に気を付けることによって、体のだるさは変わりますからね。自分の気持ちこそが大事だと思います。また、練習で気を付けたいのはケガですね。仕方なく負ってしまうケガもありますが、ケガを最低限に抑えるのも自分次第だと思います。 

Q:これからの桜井選手の思いは?
- 香川オリーブガイナーズで結果を出したいと思っています。若い選手が多いので、若い人にも動きで負けたくないと思っています。そして、NPBに必ず帰り咲きたいですね。失敗やピンチは通過点に過ぎないと思っています。その通過点をどう乗り切ることによって、将来が変わってくると思うのです。ここで結果が出せるように足場を固め、再起の一歩を踏み出していきたいと思っています。

 DSC_0042.JPG

同世代の人達に向けてメッセージを!
- 一生懸命やっていたら、必ず道は開けると思っています。道はいろんな道があります。決して夢が実現するとは限らないけれども、突き進むうちに、違う道が開けてくることもあります。やりきることが大事だと思います。やり切ってもダメなら気持ちを切り替え、それでも前進することが大事です。夢に向かって挑戦することによって、自分自身も、将来も変わってきますよ。

sakurai senshu 3.jpg

***********************************
桜井 広大 さん
Profile
1983年生まれ。滋賀県野洲市出身。
PL学園高校に入学し、2年時に第82回全国高等学校野球選手権大会に出場。
2001年のドラフト会議で阪神タイガースから4巡目で指名され、入団。
阪神タイガースで10年間程活躍した後、戦力外通告を受けた。
2012年春に香川オリーブガイナーズに入団。

香川オリーブガイナーズ球団株式会社
住所:〒760-0054 香川県高松市常磐町1丁目6-5-2F
TEL:087-813-1466 FAX: 087-813-1467
URL:http://www.oliveguyners.jp/
***********************************

しごと探しはしごとマルシェで♪
http://www.vivical.jp/vivical/e-kyujintimes/topMain/index

田町商店街

2013年1月 8日

「高松中央商店街の中で一番南に位置する田町商店街。」

Profile 54
今回、お話をお伺いしたのは・・・・ 田町商店街専務理事 平木 克典さん 

田町商店街には、実は、知られざる不思議が3つあると聞きました。
そこで、その不思議を解明すべく、平木さんにお話を伺ってみました。

田町のフシギ1: 田町商店街から水が出る?

- 田町商店街の多くのお店は井戸を持っているそうです!
「え?高松市内の中心部に井戸?」って思いませんか?

平木さんに真相を伺うと、田町の辺りは、もともとは香東川の支流だったそうです。
かつては、勅使町あたりから田町の方に支流があったとのこと。
でも、水害が多くて、堰き止められたそうです。

そんな地理的な背景があるので、田町商店街の中心部のお店は井戸を掘っている
ところが数多く存在しているそうです。

「井戸の水は、冬は温かくて夏は冷たくてしかも水質が飲料水に準ずるんです。
私は、コーヒーは井戸の水を沸かして飲んでいますよ。」と平木さん。

水の魅力を伝えたいという想いから、商店街に昔ながらの手で汲む井戸を掘ろうという
計画もあるそうです。田町商店街にあるこんぴら神社には蛇神と水神が祀られていたのも、
そんな背景があるからなのでしょうね。

田町商店街.JPG

田町のフシギ2:田町商店街に武将が現る?

- 毎年10月(第3週目の土日)に行われる石清尾八幡神宮のお祭り。
その時には、武将の恰好をしたイケメン達が田町商店街を練り歩くそうです!
なぜ武将が??と思うでしょ。

実は、高松藩10代目藩主の松平頼胤(よりたね)氏が水戸から高松に来た時に、
ホームシックにかかったことがあるそうです。その時、町の人達が藩主の寂しさを
紛らわそうと、江戸の3大祭りに匹敵するほどの大々的なお祭りをして元気づけた
そうです。

その祭りの様子は巻物に描かれ、石清尾八幡神宮に保存されているそうですよ。
その出来事を再現しようと、武将が練り歩いているのだそうです。
また、その絵図は、田町商店街にも飾られています!

田町商店街3.JPG

田町のフシギ3:田町商店街の中だけで生活できちゃう?

- 商店街に住む人口は全国的に減っていると聞きます。
でも、実は、田町では商店街に住む人達は減っていないそう。
なぜ?って思いませんか?

田町商店街を歩いていると、おまんじゅうやさん、てんぷら屋さん、お魚屋さんなどなど、
昔ながらの店構えをした食べ物を作っているお店がいっぱい。

田町商店街には食料品や日常生活用品を取り扱うお店が集まっているそうです。
しかも、田町商店街の歴史をひも解くと、明治30年頃には商家や職人が100軒余りあって、
高松市の内では最も多かったそうです。

特に売薬商、諸紙商、穀物商、八百屋物商、小間物商、傘商は市内全体の1割から2割が
集中していたようです。田町商店街には、日々必要なものが揃っていて、この空間だけで
生活できちゃうくらい便利なんです!そこが、商店街に住む人たちを留まらせる魅力なのかも
しれませんね。

最後に、平木さんに田町商店街の魅力について伺ってみました!

- 商店街によっていろんなカラー(特色)があるからこそ良いのだと思いますが、田町商店街は
下町のような情緒や雰囲気がウリですね。

田町商店街を歩くと、こんなものが?っていう掘り出し物に出合えます。
そんな面白い発見や発掘があるのが魅力だと思います。
田町商店街の持つ時代的背景や地理的背景も魅力だと思いますね。

*****************************
◆取材協力 
平木克典 さん
田町商店街専務理事。
モンビジュSEIKODOの経営者。
昭和24年1月29日生まれ。
高松市田町で生まれ、昭和23年に創業した父の店を継ぐ。
時計職人。居合道(いあいどう)3段。

モンビジュSEIKODO
住所:香川県高松市田町4-27
TEL:087-831-5761
FAX:087-831-5623
*****************************