ホーム未来に繋がる香川へ › まちなか工芸展がやってくる!

未来に繋がる香川へ

まちなか工芸展がやってくる!

2012年11月20日

高松工芸高校は、100年以上もの歴史を誇る伝統校。工芸、工業、美術の学科が一つに集まった実業系高校で、毎年11月には「工芸展」という文化祭を開催しています。

その文化祭では、学生たちの思い思いの作品がズラリと並ぶ発表会が繰り広げられているそうです。そんな工芸高校のOBたちが丹精こめて作った創作工芸品が街中を彩るとなったら・・・!?

想像しただけでもワクワクする企画じゃないですか!そこで、高松工芸高校のOBで、まちなか工芸展の発起人でもある濱智美さんにインタビューしました!

出来上がり.jpg
                                 宗家後藤塗:後藤孝子さんの作品

Q:高松工芸OBのまちなか工芸展のきっかけは?
 
- 「工芸展の文化祭を高松工芸のOBでやったら面白いんじゃないかなあ。」って、フェイスブックやツイッターでつぶやいたんです。そのつぶやきを見つけてくれた人が関心を持って連絡をくれたのがきっかけです。そして、リアルに知っている人も含めて集まりの輪が広がって来ているんです。

11月に実施したいという私の思いを聞いて、実行委員会を立ち上げるサポートをして下さる方も現れ、工芸展を実施する枠組みが少しずつできあがっています。後は、魂を工芸展に入れていかなければいけませんね。私一人では決してできることでは無いので、この企画を面白がってくれる人達が集まってくれて、実現に向かって進んでいるのは本当にありがたいことです。 

079.JPG
                               井上理輝さんの作品

Q:工芸展をしようとした動機は?
- 全国的には、まちなかのアートイベントが何年も前から繰り広げられていて、私自身もお手伝いをしていたんです。そんなイベントの中には、高松工芸の卒業生もいて、アートイベントに関わりながら、一緒に何かしたら面白いねって話をしてたんです。

やっぱり、母校のような歴史のあるものづくりの学校があることを知って欲しいという思いがあります。子ども達が見てくれるような工芸展になって、受験したいと思ってくれたらうれしいです。これまでに、廃止されたり統合された科があるんです。それがすごく悲しかった・・・。専門性のある工芸高校に興味を持ってもらいたいという思いがありますね。また、在校している後輩たちには、学校で学んでいることをとっても貴重で、卒業後にはこんなステキなこともできるんだって感じてもらえたらうれしいです。

さらに、県外に出た友達に、香川でもこんな取り組みができることを知ってもらいたいと思っています。香川には職が無い、自分がしたいことができない、制限があるという声を良く聞くけど、香川でもしたいことができるということを見せられたらと思っています。

059 (2).JPG
                                                                                         井上理輝さんの作品
Q:メッセージをお願いします!
工芸のOBの方々、ぜひ参加して下さい!そして、まちなか工芸展にみなさん、見に来て下さい!
工芸の学生さんの励みになるような取組みにしたいと思っています。

☆★まちなか工芸展★☆

  日時  : 11月23日(金・祝日)・24日(土)11時~16時に実施予定
  場所  : 丸亀町商店街(丸亀町壱番街前ドーム下広場、Sottoprodotto、丸亀町レッツホール)
応募資格 : 香川県立高松工芸高等学校を卒業した方、もしくは、かつて在籍したことがある方
募集作品 : 平面作品(油彩、日本画、デザイン、デッサン)、彫刻、工芸品、その他立体物、書道、華道、茶道、ハンドメイド雑貨など。


***********************************
高松工芸高校OBのまちなか工芸展実行委員会
ブログ:http://ameblo.jp/takamatsukogeiob/
facebookページ:https://www.facebook.com/takamatsukogeiobkogeiten
***********************************
 

コメントする

コメント