ホーム未来に繋がる香川へ › サーカス堂ふなんびゅる 代表 田中 未知子さん 

未来に繋がる香川へ

サーカス堂ふなんびゅる 代表 田中 未知子さん 

2012年10月30日

「サーカスと出会って感じた開放感や深く心に感じたものを味わってもらいたい」

Profile 44
今回お話をお伺いしたのは・・・・ サーカス堂ふなんびゅる 代表 田中 未知子さん

モノを持たない自由さや身軽さ、規則のない自由さ。そんなサーカスの自由な世界に魅せられ、「現代サーカスを広めたい」とサーカス堂ふなんびゅるを立ち上げた田中さん。「ふなんびゅるの千と一夜」と題して、月一回、映像&トークのイベントを開催したり、さぬきマルシェで地元パフォーマーによる大道芸をプロジュースしたりしている。そんなサーカスの楽しさを香川に広める活動を展開している田中さんにお話を伺った。

DSC_0125.JPG

Q:ふなんびゅるという名前はどこから来たのですか? 
- フランス語ですごく高い所に張っている綱のことをフナンビュルと言うんです。空中に縄を張れば、どこであろうと綱で渡っていけるのが開放的で、サーカスの種目の中でも綱渡りが一番好きなんです!また、私が大好な「天井桟敷の人々」という映画があるのですが、その映画に、ふなんびゅる座という劇場が登場するんです。その劇場の人達がとてもエネルギッシュで、印象的で・・・。その劇場の名前に由来しているんです。

DSC_0128.JPG

Q:なぜサーカスを広めようと?
- 日本には、社会常識や規則、制限から感じるストレスも多いように思うのですが、私自身、サーカスと出会ってすごく開放された気持ちになったんです。自分がそれだけ救われたということは、サーカスとの出会いを通して解放感を感じたり、楽になる人がいるのではと思ったので、もっと多くの方々に知ってもらいたいと思ったのです。

また、70年代くらいから昔のサーカスとは違った現代アートを取り入れたサーカスが生まれてきたんです。アートとしてのサーカスはストーリー性があり、創作ダンスのようなイメージでサーカスを創るようになって、舞台芸術の中では注目を浴びているんです。オペラや演劇などにサーカスが取り入れられるようになっています。日本ではまだまだ知られてなくて、取り入れられていないので、日本で紹介することによって、芸術としても面白い発展をするのではと思いました。

Q:なぜ高松でサーカスを広めようとしているの? 
- 私自身、北海道に20年以上いたのですが、北海道には伝統芸能や伝統文化が無くて何か足りない感じがしていたんです。住みやすいけど、自分がやりたいことには圧倒的に何かが欠けていると思いました。瀬戸内芸術祭の時に獅子舞や農村歌舞伎を見る機会があって、一般の人達がその時期になったら獅子を扱ったり、歌舞伎役者になったりしている様子を見て、人生が豊かに見えたんです。

この人達は倍の人生を生きていると思い、そういう世界に魅了されました。瀬戸内国際が終わった時に、会社に東京にあったので、戻るのが当然の選択肢だったのですが、何かやるなら絶対に地方だと思い、香川に来ました。

Q:今後の予定は?
- 現代サーカスのフェスティバルを日本で開きたいという夢を持っています。日本にいるアーティストと共に日本のサーカスの作品を創りたいと思っていて、そういう作品作りをする場所も創りたいと思っています。まずは、2014年にサーカスのフェスティバルを開催したいと考えています。

その前段として、今年の11月にサーカス公演を企画しています。身近でコアな仲間を増やしながら、1日か2日間くらいでやる小さいプログラムから始めて、少しずつ大きくしたいと思っています。

DSC_0134.JPG

Q:サーカスの魅力は?
- やはり、自分の体の限界を知りながら、そして、危険を伴いながら、限界まで見せるというのがサーカスの魅力だと思います。便利になるにつれて、人は潜在的に持っていたのに、使わずに退化させてしまった能力がたくさんあります。だからこそ、自分の能力を限界まで見せている姿に勇気を与えられます。

すごく高い所から落ちてきて、仲間がそれを受け止める姿は、仲間を信じることや自分の体を信じることなど、深く心に感じる部分があります。普段の生活で忘れてしまっていることに気づかされるのもサーカスの魅力ですね。

DSC_0132.JPG

*********************************
田中 未知子 さん   たなか みちこ

Prof ile
北海道札幌市生まれ。
新聞社時代にフランス現代サーカスに出会い、サーカスを軸に生きることを決意。
越後妻有大地の芸術祭、瀬戸内国際芸術祭にて舞台芸術担当。2011年に独立後、
高松にて、サーカス×大道芸×地域芸能の発信基地「サーカス堂ふなんびゅる」始動。

著作:『サーカスに逢いたい~アートになったフランスサーカス』

サーカス堂ふなんびゅる
住所:香川県高松市片原町9-2 ルビー商会内
TEL:087-897-2600  URL:http://circusdo.exblog.jp/
【営業時間】11:00a.m.-20:00p.m.(不定休)
*********************************
 

コメントする

コメント