ホーム未来に繋がる香川へ › 三木町町長 筒井 敏行さん 

未来に繋がる香川へ

三木町町長 筒井 敏行さん 

2012年8月28日

「町づくりは人づくりから。人が育ち、集まる地域にしたい。」

Profile 30
今回、お話をお伺いしたのは・・・・  三木町町長 筒井 敏行さん 

DSC_0891.JPG

Q:どのような地域づくりを目指していますか? 

- 選挙の公約は「町づくりは人づくり」です。いい町には、いい人がいます。いかに人を作るかということが町づくりには大事だと思っています。そこで、特に、スポーツと文化・芸術の振興を通じた人づくりに力を入れています。スポーツを通じてたくましい人、芸術により感性豊かな人づくりを目指しています。

そのため、野球やサッカーの球場や体育館、公民館や文化センターなどの施設を無料開放しています。幅広く多くの方々に施設を使ってもらって、スポーツ・文化・芸術を振興していきたいと思っているためです。

Q:地方の魅力が見直されてきていますが、三木町の魅力は何ですか? 

- 三木町には、大企業は無く、観光名所も特産物もありません。しかし、三木町の位置が魅力の一つだと思います。高松まで車で2、30分で行けるし、スーパーや文化施設や運動施設もたくさんあって、便利なんです。地価も高松よりも安いですしね。高松のベッドタウンとして、子どもを産み育てる町として発展できればと思っています。

そのためにも、子育てがしやすい地域づくりに励んでいます。例えば、専業主婦の子どもでも、預けられる場所を設けたいと思っています。そのために幼稚園や保育園を増やしたり、子どものショートスティを始めようとしています。また、保育所で子どもが熱を出したりして病気になったら、親に代わってお迎えに行く緊急サポートセンターのサービスも始める予定です。

Q:三木町が変わらなくてはいけない課題はどんな点でしょうか?

- 行政が住民の信頼感を得られていないのが課題だと感じています。そのため、三木町役場の職員には、住民に信頼されるような役場でなければいけないと叱咤激励しています。やはり、役場と住民との信頼関係が無ければ、地域づくりはうまく進みませんからね。そのため、女性の管理職を積極的に登用したり、出勤のシステムを変えたり、服装規定を設けたり、役場の中から変革を進めています。

Q:三木町役場はどうあるべきだと思いますか?

- 役場で働くものは、公務員という意識ではいけないと思っています。役場は人と人との関係で仕事をしているので、人にどう思われるのかが大事だと思うのです。役場の職員という意識でなければいけないと思っています。住民あってこそ自分の仕事があるという意識を常に持っておかなければいけません。

また、役場職員には、「時間はコストだ」ということを盛んに言っています。決断や実行を早めることによってコストを下げることができますからね。納税者に納得してもらうような税金の使い方でなければいけないので、いろんな料金も改訂しました。一つ一つの工夫で行財政もかなり変わってくるため、ビジネス同様、いかに収入を増やし、支出を減らして実行していくのか考えていかなければと思っています。

今後の抱負についてお聞かせ下さい。

- 三木町に住んで良かった、住み続けたい、子にも孫にも住ませたいという地域づくりをしたいと思っています!そのためにも、子育てがしやすく、学校の教育が行き届いている地域にしたいと思っています。また、お年寄りが住みやすい地域づくりにも力を入れていきたいですね。人が集まる元気のある地域にしていきたいと思っています。

DSC_0035.JPG

********************************************************************
筒井 敏行(つつい としゆき)さん

Prof ile
昭和17年7月12日生まれ。
香川大商業短大卒。
三木町議を経て、県議を連続5期務め、県監査委員、県議会議長などを歴任する。
2010年10月から三木町長に就任。

三木町役場
住所:香川県木田郡三木町大字氷上310番地
Tel:087-891-3300(代表)
*********************************************************************

コメントする

コメント