ホーム未来に繋がる香川へ › 2012年4月

未来に繋がる香川へ

2012年4月

どさけんさん

2012年4月17日

「お笑いを通して香川を元気にしたい」

Profile 21
今回、お話をお伺いしたのは・・・・
どさけんさん
dosaken san.jpg

「笑いの力」と「人々の力」を一つにして地域から日本を元気にしたいという思いから生まれた吉本興業株式会社の「あなたの街に住みますプロジェクト」。香川の住みます芸人として、人気を高めているどさけんさんにお話を伺ってみた。ちなみに、本インタビューは2011年12月に行ったのですが、やはりトレードマークのランニングで登場して下さいましたwink 現在は、山口県の住みます芸人として活躍中です!

地域の魅力を全国と世界へ

Q:「あなたの街に住みますプロジェクト」って何ですか?

- よしもとが地域の人達と一緒になって地域の魅力を発信するプロジェクトです!「地域を良くしたい」、「名産品をつくりたい」、「環境を美しくしたい」など、地域の魅力づくりに対する思いを一緒になって実現するお手伝いをするプロジェクトなんです。よしもと芸人が地域の人達と共に、動画サイトYNN(ヨシモト・ネタ・ネットワーク)を使って地域の魅力を日本中へ、そして世界中へアピールしますよ!

Q:「あなたの街に住みますプロジェクト」に応募した理由は?

実は、私は、31歳までは自営業をしていたんです。各地を周って珍味などを売ってました。でも、半年間、車を運転できない状況になってしまって・・・。そこで、アルバイトを探してたのですが、「どうせだったらやりたいことをしたい!」と思い立ったんですよね。そして、吉本興業のお笑い芸人を養成するNSC*(ニュー・スター・クリエイション)に入りました。そして、東京でバイトをしながら、芸人の下積みをしていましたね。その間、芸人の仕事は月に1度くらいしかなかったので、このままでも楽しいけど、どこかで勝負をかけなければ・・・と思ったんです。そして、このプロジェクトに応募したんですよ。

Q:香川では、毎日、どのような生活を?

イベントをしたり、Uストリームの配信やブログの発信をしています。
Uストリームでは、毎晩夜10時に、香川のいい所や美味しいもの、出会った人について配信していますよ。また、LOVEさぬきさんのHPでは、県産品をリポートさせていただいています。これまで、オリーブ、オリーブはまち、さぬき姫をPRしました。休みの日には、観光地に行ったり、地元のスポーツの応援に行ったりしています。また、どさけんと行くB級グルメツアーも実施しましたよ。

お笑いを身近に
Q:どさけんさんのウリは?

キャラと人柄が自分のウリですかね~。
見たままのんびり、ほんわかキャラです(笑)。
優しいところもウリです(苦笑)。

それにしても、香川の人達はきさくな方々が多くて、いろんな人達に声を掛けられます。うどん屋さんでは、かけ小を頼んだのに「どさけんさん食べてってよ」っておばちゃんがおまけで3玉いれてくれたりするんですよ。でも、レジの所までは少し距離があるから、レジではしっかり3玉分請求されたりすることも(笑)。

また、以前に、道路で「空港に行きたいな~」って叫んでみたら、乗っけてくれるって合図をしてくれた運転手がいたんです。ありがたく乗っけてもらって、「自分のことを知ってるのですか」って聞くと「あんた誰?」って言われました(笑)。なんで乗せてくれたんですか?って聞くと、困ってる人がいたら助けるのは当たり前だろって言われてしまいましたよ(笑)。

Q:今後の予定は?

定期的に四国お笑いライブをやっていく予定ですよ。それぞれの地域で、四国4県の住みます芸人が集まって観光スポットと絡めてライブをしようとしてます。お笑いを身近に感じてもらって、お笑いを目指す人が出てくれたらうれしいですね。ハイスクール漫才が四国で行われてるみたいですし、定期的にお笑いライブをすることによって刺激になったらうれしいです。

-------------------------------------------------------
どさけんさん  

Prof ile
1975年6月4日。埼玉県出身。
「あなたの街にすみますプロジェクト」で香川県担当芸人として活動している若手お笑い芸人。
丸亀市の観光大使や多度津町PR大使に就任。体重101キロ。

(株)よしもとクリエイティブ・エージェンシー
住所:広島市中区大手町2丁目5-11 
はるぜん・グランりーブ2階
Tel: 082-249-6223, Fax: 082-249-6332
YNN URL:http://www.ynn47.jp
ツイッター:dosaken101
--------------------------------------------------------

ROOTS BOOKS 小西 智都子さん

2012年4月 9日

「その土地に暮らす幸せはその土地を知る事からしか始まらない」

Profile 20
今回、お話をお伺いしたのは・・・・
ROOTS BOOKS  小西 智都子さん
DSC_0731.jpg

「本は、考え方や生き方の『ものさし』をつくるもの。だからこそ、 本という媒体を通して、借り物ではない自分たち(香川)のものさしをつくっていきたい。」という思いから出版社を立ち上げた小西さん。地元香川の魅力を本に綴るという形で残し、伝えられている小西さんにお話を伺った。 

地元の記録を残したい

Q:出版社を立ち上げようと思ったきっかけは?
- 実は、出版社への思いを持ち始めたのは、ずっと前になります。もともと父が印刷会社の傍ら郷土出版をやっていて、ため池の歴史など香川に関する本を出版していたんです。40年近くの間に100冊以上の本を出版してて、子どもの頃から、「地元の記録を残していかなければ」と言う言葉を父からよく聞かされてました。その言葉が耳に残っていて、地域の情報を残すということは、使命のように感じてた部分があります。

3、4年程前から本屋に置かれている本の大半が東京発信で書かれているということにだんだん腹が立ってきましてね(笑)。私は、本は自分の考え方を伝えるものさしだと思っています。借り物のものさしで香川を見ても、劣等感からは脱出できないのではと思ったのです。かつては、行政や新聞社や地元情報誌などが地元の情報を発信する本を出版していたのですが、今では、伝えるべきことがあっても、出版する所が無い。そこで、自分が立ち上げたいと思ったのです。

Q:具体的にどのような本づくりを?
- 11月末に島と陸を繋ぐ香川初のコミュニティマガジンとして「せとうち暮らし」をリニューアル発行しました。元は県の移住交流事業の啓発冊子として2009年から制作していたのですが、定期刊行物として質量ともにパワーアップし、この度、弊社から発売することになりました。島のことだけを見ていても解決できないことに気づいたので、島とご近所づきあいができるという発想で見聞きできる情報を増やしました。島に対してもっと身近に感じてもらいたいと思っています。

また、島の方々と一緒に島の町史をつくっています。情報収集の中心メンバーは70代の長老たち。家々に眠っている昔の写真や生活道具などを収集したり、戦前の島の暮らしを聞き取ったりして、いつか長老の孫世代が「自分たちが住んでた所ってどんな所?」って思った時に、手に取ってもらえる本になればと思っています。

Q:本づくりの面白みは?
本づくりの面白さは映画づくりに似ているかもしれないですね。出版には、書き手、デザイナー、印刷のプロ、編集者など、いろんな人達が関わっているんです。そして、本を作る作業の8割目くらいまでは映画のワンシーンを1コマずつ撮っているような感覚なんです。最後に全てのシーンを繋ぎ合わせた時に、全体的な流れがようやく見えてくるんです。その時には、感動を覚えますね。

香川と世界を繋げたい

Q:今後、どのようなことをしていきたい?
- これまでも編集者として仕事はしてきましたが、出版社は、本を受け取ってくれる人に届けるまでが仕事なんだと実感しています。本屋さんやお店を一軒一軒回りながら、確実に誰かの手を通って読み手の手元に届くというのを感じるようになりました。本をつくるというのは、いろんな人と繋がる職だと感じています。

例えば、本を通して世界と繋がることもできると思うんです。海外に住んでいる友達の近所の本屋さんに置いてもらうことによって、繋がりができますよね。本をツールにしていろんな所の人達と繋がっていきたいと思っています。人間版インターネットです。メードイン香川の本でも、天井は広いと思います。

hutari.jpg
                                               笑顔がとっても素敵なROOTS BOOKSの小西さんと三村さんconfident

-------------------------------------------------------------
小西 智都子さん  

Prof ile
7月25日生まれ。高松市出身。関西学院大学社会学部卒業。
高松市女性センター、四国新聞社広告局オアシス編集室での経験を
活かし、2002年にフリーランスになりまちづくりに関わりはじめる。
2004年にはShare Linkを設立し、人と人を繋ぐコーディネートに携わり、
2010年にはRoots Booksを設立。

Roots Books
住所:香川県高松市瓦町1丁目12-28
平田ビル 2F(Share Link内)
TEL&FAX: 087-887-3221
E-mail:sharelink@mc.pikara.ne.jp
URL:http://rootsbooks.exblog.jp/
------------------------------------------------------------

1