ホームすてきな仕事人『お仕事インタビュー』 › 2015年11月

すてきな仕事人『お仕事インタビュー』

2015年11月

有限会社エムイーテックマブチ 馬渕 あさけさん

2015年11月30日

会社を越えて、ひとつの「家」をつくりあげる喜び。

高松市新田町で電気工事・設備施工の会社「エムイーテックマブチ」を営む馬渕さんにインタビューを行いました。

あさけさん3.pngのサムネイル画像

"家を建てる"といえば、大工さん!というイメージを抱きがちですが、その家を「住む場所」に変えるのが電気工事だと語る馬渕さん。気さくで明るい笑顔で、インタビュー中も朗らかな空気でした。

 

 

職人さんはどうしても汚れてしまうから、綺麗な事務所で迎えたい

 

―入ってまず、事務所がスタイリッシュで驚きました!
 どういった思いでこの務所を建てられたのですか?

 

内観.jpg

ありがとうございます(笑)
実は、もとは別の事務所があったんです。でも、手狭になってきて。
それで7年前ぐらいかな、新築したんです。
そのときに、あんまり事務所事務所した、プレハブみたいのもいやだなと思って(笑)
自分たちの仕事が住宅に関わるものだし、設計士さんや建築関係のつながりもあるでしょ。
お客さんの家に触れるお仕事だし、自分のところから綺麗にしておかないと!と思ったんです。
それに、職人さんは現場ではどうしても汚れてしまうから、せめて綺麗な事務所で迎えたいという思いもあります。
お客さんはもちろん、従業員も気持ちよく帰ってきてもらえる。そこが「こだわり」ですね。

 

 

家を「建てる」のは大工さん。 それを「居場所」にするのが、この仕事。 

 

―職人さんはみなさん、一日をどういったスケジュールで過ごされるのでしょうか?



8:30出社・・・ということにはしてるんですけど、みなさん早いですね(笑)
だいたい8:00には出社して、進行状況だとかその日の打ち合わせをしています。
その後、現場に向かいます。多い日で3件ぐらい現場を変えて作業することもあれば、今日一日はそこで作業!ということもありますよ。日によってまちまちです。

うちは新築のおうちの施工や改修工事をメインにやっているので、他の業者さんといっしょにひとつの家をつくりあげていくことになります。時間が来たらおわりという仕事とは違って、現場に実際に行って、その日にしなくてはならない作業の全工程を終えることがミッション。
遅くなることも結構あります。暇ということはまずないですね。
オープンでいたいので、このへんのこともそのまま書いておいてくれて大丈夫です(笑)

そのぶん、達成感はすごいですよ。

会社を越えて、いろいろな人と協力しながら、何もなかったところから一軒の家を建てていくわ けですから。職人さんもそれがやりがいなんですね。
最後におうちの電気の点灯を確認するんですけど、何度経験しても家に明かりがついた瞬間は、「あっ、ついた!」「あ~、よかった・・・・・・!」って、なんともいえず熱くなって、感動するんだそうです。
きついけど、楽しいんですね、やっぱり(笑)

 

 

 向いているのは、ものづくりのワクワク感、「楽しさ」を見つけられる人
 

―御社の沿革を教えていただけますか?



もともと、社長は若い頃から電気工事の修行をしていました。職人の仕事を見ながら技術を磨いて腕を上げたあと、独立したんです。
「自分の腕で仕事を取っていこう」と。
それでしばらくは個人で仕事をしていました。法人化したのは平成17年ですね。


 

―この仕事に向いているのはどんな人だと思いますか?


 
う~ん、そうですね。

電気工事という専門的な仕事なので、やっぱりその中で家とか建築とか、ものづくりに喜びを感じられる人が向いていると思います。
自分の気力と体力を注いで、なにかを作る。
そのワクワク感というか、「楽しさ」を見つけて欲しいです。
そうじゃないときついかなーと思いますね。どんな仕事もそうかもしれないですけど、特にこの業界はそれが顕著だと思うんです。時間も体力もいるし、手に職っていうくらいなので、一生ものの仕事にする人が多いですから。
でも逆に、毎日こつこつ、大変でもやっていけば、技術はちゃんと身に付きます。
最初はみんなぺーぺーですし(笑)だからここには、「やるぞ!」って気持ちを持ってきてくれたらいいかな。自分のやっている作業の意味がわかって、誇りを持って仕事ができるようになったら、忙しいぶんやりがいも大きいと思いますよ。

もし採用するというときになったら、面接では、仕事のきついところとか厳しいところもちゃんと伝えます。
長く続けることができるのが、相手にとってもうちにとってもいいと思うから。

 

 

 社長は車が好き。やっぱり職人さんには、こだわり、みたいなのがあるみたい。
 

―最後に、馬渕さんのお好きなこと、気分転換にしていることなどを教えていただけますか?



そうですねー、社長は車が好きみたいです(事務所にも車の本や模型があります)。
もう一人の従業員さんも車が好きと言っていたし、やっぱり職人ならではの自分のこだわりみたいなのがあって、そういうのが出るんでしょうかね(笑)
私の趣味は・・・・・・
企業秘密ということでお願いします(笑)

1