ホームすてきな仕事人『お仕事インタビュー』 › 2013年8月

すてきな仕事人『お仕事インタビュー』

2013年8月

尾野農園 尾野弘季社長

2013年8月27日

「尾野農園で農場体験」

Profile 23 ・・・ 今回お話を聞かせていただいたのは、尾野農園 尾野弘季社長

自分の意志で農業を始め、日本の農業を盛り上げたいと夢を持って働いている尾野農園の尾野弘季社長。
そんな尾野社長に話を伺い、イチゴ栽培のお手伝いも体験させていただきました!

DSC_尾野農園0024.JPG

Q: 農業を始めたきっかけは?
- 私はもともとサラリーマンをしていたんですよ。高松高専でシステムの勉強をしたのですが、四国を
出たくて仕方が無かったので、県外で働ける職場を基準にして探しました(笑)。そして、パソコンの
メンテナンスをする仕事に就くことができ、研修で東京に行ったのですが、勤務先はなんと香川(笑)!
県外で働いたのも、つかの間でした・・・。

そうして就いた仕事ですが、あまり楽しいと感じられるものではなかったんですよ。先輩もあんまり楽し
そうにしていなくて・・・。このままこの仕事を続けるのだろうかと悩んでいた時に、農協の話を聞きに行く
機会があったんです。

そこでは、イチゴのハウスの組合員の話を聴いたのですが、農業で何かをしてみたいという気持ちが
高まりましたね。親が農業をしていたこともあり、農業は身近な存在だったことも大きく影響していると
思います。

Q: 実際に農業を始めてみてどうでした?
- 最初の4~5年は本当に大変でしたよ。どれだけ大変か知らなかったからできたのでしょうね(笑)。
ネギを作り始めてカットネギという付加価値のある商品を売り始めてから経営がうまく廻り始めました。

起業時は、家族だけで始めたのですが、今は、正社員3名、パート3名、海外からの研修生が5名、共に
頑張ってくれています。やはり、人数が増えてくると家族経営から組織経営に変えていく必要があります。
そこで、将来の方向性を決めようと思って、香川中小企業家同友会の経営指針を創る会に入り、経営理念
や経営方針、経営計画を作りました。

何のために農業をしているのか、従業員の人達に発表し、想いを共有しています。また、5年後のビジョンを
掲げ、大きい目標を決め、毎年、毎月、そして毎日すべきことまで細分化しています。「こういうことがしたい!」
というビジョンがあれば、なりたい自分に近づいていけると思っています。

DSC_尾野農園0050.JPG

Q: 農業をしながら感じることがあれば教えて下さい。
- 農業は今、日本では元気がありません。でも、自分達で作ったものを自国で食べていけるように
しなければいけないと思っています。農家が元気にならなければいけないと感じています。
       *平成23年度の食料自給率は、カロリーベースは39%、生産額ベースは66%
         (農林水産省のHPより)。

~尾野社長のお話をお聴きした感想~
尾野さんが農業を始めたきっかけや現在に至るまでの苦労や困難だったことなど様々な
お話をお伺いしました。その中でも経営指針についてのお話がとても心に残りました。
「大切なのは何のためにそれをやっているのか。」という言葉が印象的でした。

これは何をやるにしても全てのことに共通して言えることだと思いました。明確な目的・目標を
持って努力することはとても大事です。就職活動を控え、これから社会に出ていく私たちにとって、
大変ありがたいお言葉でした。ラオス、カンボジアからの研修生が5名いて、彼らは勉学や仕事に
対してのモチベーションが非常に高くて驚きました。私たちも彼らに負けないように頑張りたいです!
                                           経済学部 生水 昌昭

DSC_尾野農園0052.JPG

香川大学 経済学部 生水 昌昭さん
法学部 清國 知広さん
教育学部 西村 祥子さん

 

1